株式会社 走り井餅本家
東海道大名物 走り井餅 商品紹介
商品のご案内
逢坂・追分の地の歴史をたどる  
京都市と大津市を隔てる逢坂山・追分は、かつて、京の都の玄関口として、東海道をゆく多くの旅人で賑わいました。
この付近には、清らかな水が勢いよくあふれ出す井戸があり、その様から『走井(はしりい)』と呼ばれ、旅人ののどを潤しました。
江戸時代になると周囲には茶店が建ち並び、旅人のオアシスになりました。そこで売り出された『走り井』の甘露でついた餅菓子は、その名を冠して『走り井餅』と呼ばれました。
以来、『走り井餅』は旅人をいやし、逢坂の地で長く親しまれる銘菓となったのです。
東海道随一といわれた逢坂山・追分辺りの賑わい
  わが国最大の交通の要、逢坂関
  逢坂の名水をたたえる走井と走り井餅
  今も湧き続ける走井
  走井と走井茶屋は、いま
  旅人のオアシス・走井茶屋
  東海道大名物 走り井餅 商品紹介
  第二十三回全国菓子大博覧会 名誉総裁賞受賞
追分とその周辺の文化
追分の地は、西本願寺の門前町が移転し、京の技術者の集団となり、日本そろばん、走り井餅、大津絵、みすや針などの発祥の地となりました。
牛車を助けた峠道の車石
  京都-大津間に敷設され、運搬を助けました
  民衆文化 大津絵
  当時の風俗を今に伝える民衆芸術
  大津そろばん
  追分は、日本のそろばん発祥地
  街道土産の縫い針 〜大津針〜
  博覧会にも出品された街道名物
copyright(c)2005 HashiriimochiHonke Co. Ltd., All rights reserved.
株式会社 走り井餅本家
大津市横木一丁目3-3 TEL.077-528-2121
お問い合せ